【お酒買取計画】和食を調理する際にはお酒も一緒に

普段料理をするとき、調味料は欠かすことが出来ない名脇役です。調味料を使用することで食材の味が更に引き立ち、料理をひきたててくれます。お酒は調味料として使用されることも多く、特に日本酒は和食を作る際には欠かせないものではないでしょうか。お酒を調味料として使用する効果としては、お肉や魚などの食材独自の風味を消し食べやすくする、食材を柔らかくし、味やうまみを引き出すなどが挙げられますが、その他にも調理のスピードを速くしたりといった使われ方もします。お酒を調味料として使用する際には欠かせないアイテムとして、計量カップや計量スプーンがあります。軽量スプーンに入る分量は調味料の容積を示し、その重さを表しているわけではありません。その為、調味料を計る際に大匙などの計量器を用いる場合は、材料によりグラム数が異なるので留意しておくべきです。しかしお酒の計り方は非常にシンプルで、小さじ1で5g、大匙1で15g、計量カップ1杯で200gと容積と重量が等しくなっていますので、調理の際も簡単に計ることが出来ます。