【お酒買取計画】税金はお酒にもかかっています

日本で販売されているほとんどのお酒には、税金が含まれています。お酒に含まれる税金のことを酒税といい、スーパーやコンビニ、酒屋さんなどでお酒を購入すると、そのうちの数割が税金として国家に収められています。単純計算としては、例えばビールであれば、350mlの一般的な缶ビールでおよそ77円ほどが酒税として収められています。缶チューハイや発泡酒はこれよりも金額が安くなっていますが、将来はこちらの価格も均一になる予定だそうです。他にもワインや日本酒などのお酒にも酒税は含まれていますが、お酒の種類によっても酒税の金額は変化しています。お酒と同じように税金が含まれている嗜好品としては、たばこが有名です。税金の割合は6割以上と非常に高くなっていますが、お酒も嗜好品として扱われていますので、税金の負担割合は高いものとなっています。日本以外の多くの国で嗜好品への税金は実施されており、アルコールやニコチンは過剰摂取により身体に害を及ぼしますので、そういった抑制の意味も含んでいます。