【お酒買取計画】人とお酒の歴史

お酒の歴史は紀元前からさかのぼることが出来、非常に昔から存在していたと考えられます。古い遺跡や遺物からもお酒は発見されており、紀元前3000年頃の遺物からもお酒の記録を見ることが出来ます。当時はまだ、お酒が酵母の力によって発酵しアルコールに変化するという過程は科学的に証明されていませんでしたが、その後フランスの科学者によって、アルコールに変化する現象は酵母の働きによるものだと証明されました。お酒の種類としてはブランデーやウイスキーなどの蒸留酒の歴史も古く、古代ギリシャのアリストテレスによって、ワインを蒸留しブランデーを製作したといった文献が残されています。そしてブランデーは、アレキサンダー大王による戦争をきっかけとし、全世界に広がりました。各々の世界でその土地の農作物や気温を活かしたお酒が発展し、様々なお酒が誕生しました。歴史的な出来事をきっかけに他の国にもお酒の製造方法は広がり、現在に至ります。